いちご鼻 治し方 鼻パック 効果

いちご鼻の治し方・鼻パックの効果と行なうときの注意点

いちご鼻の治し方と聞いて、ぱっと思い浮かぶのが鼻パック。そんな方も少なくないでしょう。

 

とにかく手軽ですし、パックに取れた古い角栓を見ると何度もやりたくなっちゃう…!とはいえ鼻パックをするには、いくつか注意が必要なのはご存知でしょうか?ここでは、いちご鼻の治し方で鼻パックを行なうときの注意点をご紹介します。

 

鼻パックってどんなアイテムなの?

 

ご存知ない方はほとんどいらっしゃらないとは思いますが…鼻パックの基本情報をここで一旦おさらいしておきましょう。

 

鼻パックとは?

・洗顔後の清潔なお肌に使用するシートタイプのパック
・時間をおいて剥がすことで、毛穴に詰まった角栓を取り除いてくれる

 

とってもシンプルな方法なんですが、面白いほど取れるんですよね!毛穴の中の汚れをキレイに取ることが出来れば、いちご鼻は解消する!

 

確かにそうなのですが、鼻パックをやればやるほど毛穴の汚れがすっきりするわけではないんです。

 

鼻パックのやりすぎに注意!

 

まず使用した人ならわかると思いますが、鼻パックは毛穴だけに働きかけるものではないですよね。その形状からもお分かりいただける通り、小鼻全体〜頬に差しかかるまでを覆い隠します。

 

この箇所全体に張り付けるわけですから、おのずと毛穴以外の場所にも負荷がかかります。べりべりっと剥がせば当然、お肌表面の角質も剥がれ落ちてしまいます。

 

古くなった角質であれば問題はありませんが、まだお肌に必要な角質だった場合どうでしょう?お肌の保護機能がダウンして乾燥を引き起こしてしまいます。

 

乾燥すれば当然…皮脂を過剰に分泌させてしまう。

 

その結果、毛穴詰まりも再発しやすくなってしまうんです。だからこそ、いくら古い角栓が取れるからといって何度も何度も頻繁に行うのはご法度。

 

週に1度程度と使用目安が書かれていたりしますが…4週に1度だっていいくらいだと筆者は考えます。つまりは、お肌の生まれ変わりに1度でもいいくらいということです。

 

※お肌の生まれ変わり=約28日間と言われている。
※角質=お肌の表面にある細胞たち。お肌を外部の刺激から守ってくれる役割がある。お肌の生まれ変わりによって、古いものは順次アカとなって剥がれ落ちる。

 

鼻パックの使用後は潤いケアを徹底して

 

上記でご紹介した通り、鼻パックを使用した後お肌は乾燥しやすくなっています。

 

ですので、いつも以上に潤いケアに力を入れてあげましょう。シートパックをするのもよし、コットンでローションパックをするのもよし。いずれにしても、いつも以上に潤いケアを心がけてください。

 

又、可能な限り生理期間中などは避けてあげましょう。ホルモンバランスの影響を受けてお肌が敏感になりやすいため、炎症を起こしてしまいかねません。

 

使用する場合は、お肌の調子が良い生理後等時期も調整してあげてくださいね。