いちご鼻 治し方 簡単 綿棒

いちご鼻の治し方・綿棒とオイルを使った簡単な方法

いちご鼻の治し方のアイテムとして、最近話題になっているのがなんと"綿棒"。綿棒…と一口で言っても、正しく言えば綿棒とオイルを使った方法。

 

今回はそんな話題のいちご鼻の治し方とは一体どんな方法なのか?そして本当にいちご鼻を治すことができるのか?徹底チェックしていきたいと思います。

 

そもそも綿棒とオイルで、どうやっていちご鼻を治すの?

 

まずは最初に、そのやり方をチェックしていきましょう。

 

用意するもの

 

・フェイス用美容オイル
・綿棒

 

ケア手順

 

@ まずはメイク落とし、洗顔をして清潔なお肌の状態を作る。
A 綿棒に美容オイルをなじませていく。
B お鼻全体に、綿棒をやさしくくるくるとなじませていく。
C オイルと取れた角栓をオフするために、再度洗顔を行う。
D いつものスキンケアを行う。いつもよりも念入りに保湿しましょう。

 

意外とシンプルで簡単な方法ですよね。

 

ポイントとしては、綿棒にしっかりオイルをなじませてあげるという事。オイル含みが悪いと、お肌すべりが悪くなってしまいます。無理にこすってしまう事になりますので、刺激になって逆効果ですよ。

 

どうして綿棒とオイルで角栓が取れるの?

 

毛穴の詰まり(=角栓)が取れる理由…それはどうやらいちご鼻の原因である、角栓の持つ性質にありました。

 

そもそも、いちご鼻の正体は毛穴に詰まった角栓が酸化して黒ずんでしまったことによりますよね。この角栓って元をたどれば、毛穴から出てきた油分だったりメイクでしっかり落とせなかった汚れです。

 

だからこそ、油なじみがとってもいいんですよね。小鼻の皮脂と美容オイルの油分は同じ性質ですし、メイク汚れはオイルで落とすとするっと落ちる。この原理を利用しているんですね。

 

綿棒でいちご鼻ケアはルールを守って行いましょう

 

いかがでしたか?確かに、綿棒に美容オイルを含ませればいちご鼻の原因である角栓もするっと落とせるでしょう。

 

ばりばりっと剥がすような、いわゆる毛穴パックよりもお肌にもやさしいかと思います。ですが、摩擦はお肌の刺激になることに違いはありません。だからこそ、しっかりルールは守って行いましょう。

 

綿棒×美容オイルでいちご鼻ケアを行うときの注意点

 

・美容オイルはスキンケア用のものを使いましょう。オリーブオイルなどを用いる場合は、香料などの入っていないナチュラルなものを選ぶようにしましょう。

 

・週に1度程度のケアにしておきましょう。毎日行ってしまえば、お肌の負担になりかねません。あくまでもスペシャルケアとしての認識にしておいてください。

 

・マッサージする際はあくまでも”くるくると優しく”。ぐいぐいっと押し出すようにしてはお肌を傷つけてしまいます。

 

・保湿ケアで必ずしっかりお肌を潤わせましょう。乾燥してしまうと、更に過剰な皮脂分泌が起こり、いちご鼻の再発につながります。

 

とにかく優しく丁寧に行う事。たくさん取れるからと言って、過剰に行わないこと。いちご鼻を治すには根気強く腰を据えて行うのが基本ですよ♪